最新の歯科医師国家試験情報まとめ

歯科医師国家試験の科目

歯科医師国家試験の科目 歯科医師国家試験には新たに設けられた科目があるので、その対策もきちんと行うことが大切です。
歯科医師国家試験でどのような科目が設けられたかというと、診察に必要な医学英語や法歯科学などです。医学英語では、歯科や人体に関わる単語問題が出題されています。
さらに一般の問題の中にも医学英語が含まれていることもありますが、今のところ、高い英語力を求めている問題は出題されていません。診察に必要な医学英語は出題されますが、基本的な英語力を問われることが多いので、過去問などでしっかり対策することが大切です。
法歯科学は、得点率が低い分野でもあるので、しっかり対策することがポイントになります。
他にも高齢化による治療の変化なども出題されることが多いです。
ただしこの分野は社会情勢によって問題が変わる可能性があるので、過去問を勉強しながら新聞などで社会情勢をよく確認しておくことが大切です。それによってこの問題を解くための基礎力を養うことができます。

歯科医師国家試験の難易度が上昇!出題範囲は?

歯科医師国家試験の難易度が上昇!出題範囲は? 歯科医師国家試験は年々難しくなっており、合格率も下がっています。無事に合格を手にするためには、入念な準備と正確な情報収集が必要となるでしょう。
先ずは出題範囲をチェックすることが肝心です。歯科医師国家試験の出題には、必須問題の他に総論問題と一般問題があります。
必須問題は、主に基礎医学系の問題が出題されます。専門的なことよりも医学全般にわたるような、広い知識が求められます。
総論問題というのは、歯科保健医療総論を指します。やはり麻酔や手術に関する医学の知識が問われます。
また、一般問題では歯科の全般的な知識について出題されます。範囲が広くなるため、どちらかというと広く浅く知識を蓄積することが合格の鍵となるでしょう。
合格するには、この3つの出題範囲のそれぞれが基準点に達していなければなりません。つまり偏らないで、全体的に点数を取らなければならないということです。過去問等を繰り返し勉強することが、大きな助けとなるはずです。