最新の歯科医師国家試験情報まとめ

歯科医師国家試験の歯科矯正学の問題

歯科医師国家試験の歯科矯正学の問題 歯科医師国家試験の問題には、歯科矯正学を扱ったものもあります。
これは、歯並びを整えるための治療について問われる問題です。
例えば、問題としては特定の治療法を挙げて、その目的と使う機材の組み合わせの正しい物を選択肢から選ぶ問題が出題されます。
また、装置の名前を挙げて、その装置で行えることは何かを選ばせる問題なども出題されます。
選択式になってはいますが、正解を出すためにすべての答えを選ばせたり、組み合わせられていて正しい組み合わせを選ぶのが難しくなっている問題も多く、きちんと勉強していないと歯科矯正学の領域でも正解を出すことはできません。
歯科医師国家試験では、他の分野も似たような出題のされ方がなされ、対策をしっかりとしていないと解くことはできませんので、受かるためには日ごろから正確な基礎知識を身に付ける必要があります。
最近の傾向では、最先端の治療法についても聞かれることが多いので、新しい知識も入れなくてはなりません。

歯科医師国家試験における小児歯科学についての問題

歯科医師国家試験における小児歯科学についての問題 歯科医師国家試験の内容は、多岐にわたっています。
大きく分けると三つとなり、総論問題、必須問題、一般問題から出題されます。
小児歯学はその中で臨床実地問題のB領域にあたり、関連領域別でも出題率が大きいのが特徴となっていますので、しっかりと学んでおきましょう。
歯科医師国家試験の合格率は、6割から7割程度といわれています。
難関といわれるほどに難しい国家試験ではないのですが、きちんと学習しておかないと現役で合格することは厳しくなります。
歯科医師国家試験は出題される範囲が広いので、試験の直前から勉強を始めるのではなく、半年前から歯科医師国家試験に向けた受験勉強を始めておくことがおすすめです。
晴れて合格を手に入れることができた人は、大学病院や総合病院などでスキルや知識を学ぶことになります。
いずれは、新規開業することが多い業種でもあるので、ここで働いている間に、患者さんとのコミニケション能力も高めておくとよいでしょう。